Thothの日誌

日々の活動や読んだ本について書き綴っていこうと思います

スペイン語構文集

スペイン語の本を読んだり、オーディオブックを聴いたりしているうちに自分の力でスペイン語を書くことができるようになりたいと思い始めてきましたが、いざ書き出そうとするとなかなか難しく、Google翻訳のお世話になってしまう状況ですね…。
少しずつで良いのでスペイン語のフレーズと言いますか、構文集をまとめようかなと思いこの記事を作成した次第です。この辺りはプログラミングのPythonの学習をしていた際にも関数一つ一つを覚える(外国語で言うところの単語一つ一つ)よりも、このような動作をしたい時にはこの構文を書く、というパターンを作った方が遥かに学習が進んだのを思い出しました。
Pythonにおいてもif文やfor、while、tryなど構文がありましたしね。

ちなみに構文例は基本的に一人称単数と三人称単数の二つを載せられたら良いなと思っています。一人称は言わずもがなですが、三人称単数はスペイン語の小説を読んでいる時には割と頻繁に出てくるので知っていると便利です。三人称複数になっても語尾に-nが付いたり、-ronになったりと割と予測がつきやすい活用をしますしね。
2人称については小説でも会話文くらいなのと普段スペイン語を話す人と会わなければ使う機会が乏しいので…。これもプログラミング学習をしていた際に使うものから押さえていき、例え網羅系の本に載っていたとしても使わないものは一旦置いておくのが長く学習をする秘訣ですね。

私は〜です

Soy hombre.
私は男です。

Ella es japonesa.
彼女は日本人(女性)です。

estar構文「〜にいる、〜している、〜でいる」

estarは所在や現時点での自分の状態を表します。現在分詞を後に続ける事で現在進行形になります。
Estoy cansado.
私は疲れています。

Él está limpiando.
彼は掃除しています。

querer構文「〜したい」

Quiero comprarlo.
私はそれを買いたい。

予約をするときにも使います。
Quisiera reservar una habitaciòn.
1部屋予約したいです。(ホテルの予約など)

poder構文「~できる」、「~しませんか」

英語のcanにあたるのがpoderですね。ただこちらは状況が許すから使える、という意味になります。能力の場合saberを使います。
puedo verlo.
私はそれを見ることができます。

¿No puede bailar?
踊ってみませんか?

ニーアオートマタストーリー全てクリアしました!

やっと基本ストーリー(A,B,C,D,Eエンド)を終えました。
一つ一つのストーリーは短いながらもこれだけあると結構やりごたえがありましたね。
このゲームは難易度がノーマルでもなかなかの難易度でして攻略するのに結構真剣に取り組まないとゲームオーバーになってしまいますね。

ストーリーを終えての雑感ですが…まさか9Sがあそこまで変わってしまうとは…花江夏樹さんの演技には脱帽です。
9Sのハッキングは終盤になるまでロックオン機能があるとは知らずにやってました。ロックオンを使うようになってからかなりサクサク敵を倒せるので爽快でした。特にハッキング中は各個撃破を狙えるのが強いです。
個人的に好みなのはA2さんですね。姉御肌でポットとのやり取りはなかなか見ごたえがありました。ただビーストモードはあまり使わなかった…


そして今作のストーリーを語るうえで外せないのが機械生命体たちですよね。自我を持ってからアンドロイド以上に人間臭かったです。特に印象に残っているのは歌姫ですね。2B時と9S時では受ける印象が変わってきます。

孤独街道まっしぐら?

少し自分語りをしてしまいますが、私は2019年から人付き合いを極端に減らしました。
というのも大学時代での人間関係が結構大変だったので2019年頃から距離を空けていたのですが、2020年から始まったコロナ禍によって断絶状態になってしまったんですよね…。
大学では結構ガチガチな体育会系の部活で飲み会も激しく、また急な連絡で面食らうことも多く、大学のゼミのメンバーともそんなに親しくなれていた訳ではなかったので。

この期間はチェスや数学、Python、など新しく始める&学び直しをしていて楽しくもあったのですがそれも長い期間になると話は変わってきますね…

勉強をしている時に「自分一人だけ優秀になったとしても喜びを共有する人がいなかったら虚しくなるなぁ」と思い始めたのが去年のことで
、今回の年末年始(2022年〜2023年)でかなり退屈な日々を過ごしたのでこのままでは中年孤独男性まっしぐらだと危惧してきました。

勉強やソロ活もそれなりに楽しめたのですがずっとこの生活では困りますね。私はおそらくFIREは無理です。(するだけの資産を持ってないですがww)

今は実家暮らしで両親と祖母と暮らしておりますがいずれ別れの時も来るかなぁと最近思うようになりまして今年は交友関係を広げる一年にしようかなと思っております。
まずは「リコネクト」と呼ばれる過去交友のあった方々と連絡を取ってみようと思います。

ポケモンsvの育成環境を整える

ストーリー攻略は順番の変更は多少効きますが、設定レベルの関係で大体決まってきますよね。

ポケモンはクリアしてからが本番と言いますか、育成環境を整えてから対戦まで持っていくのがプレイヤーの力量が反映されてくるなぁと思います。

レイド攻略

とはいえまずはレイド攻略から。これができないと経験値飴や報酬を手にできないので対戦環境を構築するのが大変になってしまいます。星6レイドを解放しましたが難しく、最強エースバーンなんて勝てる気がしません…

努力値振り

今作は金策が厳しいかつ自動で割り振ってくれるシステムも無いため、久々に野生狩りをする羽目に…。
なかなかしんどいですがパワー系アイテムを持たせて5体ずつ育成していけばそこそこの時間で対戦用のポケモン達を作ることができますね。
参考までに各能力値を振る場所は…

  • HP

東1番エリアなど→グルトン、パフェートン
おそらくHPの割り振りが一番面倒かと…

  • 攻撃

北2番エリア竹林→レントラーキリキザン、エクスレッグ、ナゲツケサル
攻撃だけ異様に振るのが楽です…

  • 特攻

エリアゼロ「最下層」→キラフロル

  • 素早さ

コサジの入江下の海岸→ブイゼルコイキングキャモメ
ここも素早さに加算されるポケモンが多くて助かります

白チャートⅠAの基本例題を終えました


この時から時間がかかりましたが何とか基本例題をやり終えました。平日の夜に問題を解くと脳が醒めてしまって寝付けなくなるので休日に問題を解いていました。
取り組んだのは新課程版の白チャートです。

高校時代は文系でしたので数学の勉強は疎かになっておりましたが、当時、いつか時間があれば数学の勉強もやっておきたいなぁと思っておりました。受験したのは私立で数学が不要だったもので…。

白チャートは一番簡単なチャート式ということですが、やはり学び直しの段階ではつまづく問題も多かったです。ですが、大人向けの学び直しの本を読んでいても知識偏重で、「なんとなく数学について知ることはできてきたけど自分の力になってない」気がしていました。勉強法についての本でも数学はうんちくよりも練習問題と解いたほうが良いと買いてありましたね。

標準例題や発展例題もやっていきたいところではありますが新課程のⅡB版も発売されたのでそちらの基本例題を取り組んでいきたいと思います。

0点から60点まで持っていくのは簡単だけどそこから80点までや100点まで持っていくのはかなり難しい、とどこかの本で読んだことがあるのでまずは数学の分野の幅を広げていきたいですね。
ⅡBは指数対数などプログラミングでも活きてきそうな内容や微積も入ってくるのでやっておきたかったです。やはり文系国公立大学でも数学ⅡBまでは求められるのでここまではできるようにしておきたいですね。

2022年に読んだ50冊から気になった本

2022年も終わってしまいますが、この年に読んだ本は50冊になります。
パレオさんのブログでこちらの記事を読んだのがきっかけで小説というジャンルにも手を出していこうと決心しました。

今年読んだ本の中で特に気になった本をまとめますと…

競争の科学

現実社会の特に学生時代では競争が避けられないのでこちらの本はとても参考になりましたね。後述する「ステータスゲームの心理学」でも述べられていますが完全なる平等はあり得ないらしいので力を得て、結果を残せるようにする心構えを持っていたものですね。とは言え、ドーパミンを処理する遺伝子の影響を受けるとか、自分が勝負する際に攻撃型なのか防御型なのかを知っておかないと大変なことになると書かれていました。

限りある時間の使い方

生産性や効率を求めても私たちの生活は決して楽にならないよ、というこれまでの時間術とは一線を画す内容になっています。また、自由を求めるあまりにデジタルノマド(リモートワークを駆使して遊牧民的に過ごす人たち)についても孤独に苛まれる様を読んだ際は私も胸が痛みました。
…私も友人が多い方ではないので完全なる孤独は避けた方がよさそうです。
何よりこの本では退屈や忍耐についても取り上げていて、時間感覚を取り戻すために何もしない時間を設けるとか、あえて不便なものを使って「●●しかできないけど●●だけすればいい」という状況を作り出すことをお勧めしています。

あと少し、もう少し

私が中学を卒業したのが2010年3月なので久々に青春モノに触れた気がします。(あまりスポコンアニメも見ていなかったので)
区ごとに登場人物たちのオムニバス形式になっていて、各人物たちが何を思っていたのが次第にわかるようになる作りになっていましたね。

ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー

著者の息子さんが中学に進学してからの生活をエッセイにしたものです。イギリスの中学事情は日本とは異なり、階級社会といいますか、生まれた時点で進学する学校がだいたい決まってしまう現状があるそうですね。また多様な人種やジェンダーLGBTは日本よりも進んでいるなと思わされました。

同士少女よ、敵を撃て

戦争物はあまり好んで読んでこなかったのですが、本屋大賞を受賞したということで手に取ってみました(正確にはオーディオブックで聴きました)。著者は本当の戦場に行ったのではないかと思えるほどに描写が丁寧かつリアルで情景を想像しながら聞くことができました。一兵士から見た戦争、戦場においてはただ敵を撃つことだけ考えなくてはならないが、自分のアイデンティティに根差した「戦う理由」が無くては戦争が終わったとしても精神を病むことになることが示唆されていました。
また、戦時中、ソ連軍とドイツ軍がお互いに相手兵士のことを動物の名前で呼び、人間扱いをしていませんでしたし、終盤村の復興をすることになるセラフィマは村人たちから魔女と呼ばれ恐れられていましたが、ある少年と親しくなれた瞬間はそれらの「レッテル貼り」による自分たちと彼らという線引きがなくなりつつあることを示唆していてハッピーエンドで終わりましたね。(ネタバレ失礼)

問題解決のPythonプログラミング

Pythonプログラミングでデータ分析や機械学習の分野を勉強していましたがイマイチハマらなかったのでアルゴリズム問題を解いてみることにしたのですがこれが意外と面白かったです。当ブログでも練習問題を自分なりに解いたものを一部投稿したりしましたね。この本のおかげで再帰や幅・深さ優先探索とは何かが問題を解くことで理解できたので助かりました。アルゴリズムの本は知識をまとめましたという感じの本が多く、「すごいことは分かったんだけど自分の力になってるか分からないなぁ…」と思ってしまうものが多いので…こちらの著者も同じ思いを抱いていたらしく、問題を用意していただいており、少しずつ挑戦しています。(現在は数学やスペイン語学習でなかなか手が回らないですが…)

テスカトリポカ

書店で特徴的な表紙に惹かれて買ってしまいました。この本のおかげでスペイン語に興味を抱きましたね。タイトル通り、アステカ神話が深くかかわってくることになります。テスカトリポカはその神話での最高神とされ、生贄の心臓を欲したそうです(物騒だな…)。心臓を供物にすることと、バルミロたちによる心臓売買がリンクしてくるのでえげつないことを作者は考えるなぁとぞっとしてしまいました。

ハリーポッターシリーズ

ハリーポッターシリーズはオーディオブックで聴き放題だったので(現在は対象外…)聞いてみました。これも分厚い本だったのでなかなか手が出せなかったんですよね。現在読んだのは

  • 賢者の石
  • 秘密の部屋
  • アズカバンの囚人

まで聴きました。しかしハリーもなかなか短気というかプッツンしやすい所があるんですね…。また、登場人物たちも派閥というかそれぞれの利益の為に動くので清濁併せ持つ人物が多いのが特徴ですね。現実世界に近いかもしれません。

すずめの戸締り


こちらでもまとめた通り、小説から映像化作品を見るという順番はなかなかできない経験だったので先に小説を読んでから映画を視聴しました。人物の心理描写は小説に分があり、アクションや見たことがなく想像するのが難しいものは映像に分があると感じました。別の媒体で作品に触れることでより作品の理解が深まると感じました。

三体Ⅱ 黒暗森林

前作三体も読んでいましたが、この本が本の序章にすぎなかったと改めて思わされました。主要人物である羅輯は面壁者(ウォールフェイサー)に任命され命を狙われる事態になりますし、章北海は羅輯と直接の関係がないにも関わらずかなりの分量を割いて描かれています。最後彼がしたことは善悪では判断がつかないので、彼と同じ状況にもしも陥ってしまったら私はどうなってしまうのか考えずにはいられませんでした。

ステータスゲームの心理学

いくら人はみな平等と美辞麗句を言われても人々はステータスを求めるものだし、完全なる平等はあり得ないと断じている本でした。
カーストにおいて最下層の人の生活は読んでいてもみじめなものが多く、そんな状況ではいたくないなと思うのが正直なところでした。
また、大量殺戮を犯してしまう人は脆弱なナルシストの場合が多く「私は他者から敬われて当然だ、そうでないこの世界は間違っている」という誇大妄想にとりつかれた結果とんでもないことをしでかしてしまうのだとか…。

銀河英雄伝説

黎明編から雌伏編までオーディオブックで聴きました。この本は架空の国家間の戦争を描いた作品ですが引き合いに出される歴史的出来事は現実世界の物で自分の生き方の参考になる本です。特に国家は壮大な理想を掲げて国民を残虐な兵士に仕立て上げ、個人ではとてもできないような残酷なことを平気でさせると書いていて、私も気を付けようと思わずにはいられませんでした。

ポケモンsvクリアしました

前回↓

ポケモンバイオレットもついにザ・ホームウェイをクリアしたのでストーリーは大体完了しました。
剣盾が結構一本道ストーリーだったので今回の自由に探索してストーリーの順番も自分で決めるシステムは新鮮で楽しめましたね。

チャンピオンロード

とりあえずネモさんが戦闘狂すぎてドン引きしましたが、ジムリーダー達との記念写真が個人的に結構お気に入りです。
ジムバッジがないとすぐにポケモン達が言うことを聞かなくなるレベルに達してしまうので追い立てられるように取り組まないといけないのが難点でしたね…
もう少しバッジ間の間隔があっても良かったのに…。

レジェンドルート

ミライドンの機能が増えれば増える程移動の自由度が増すので意識して先に取り組んだルートですね。
ペパーのマフィティフの体調も回復して良かったと思います。

スターダスト

スター団が意外と強くて焦りました。特にメロコ…。
しかもブロロロームを改造したほぼマシーンと対決することになるとは…ゲーフリもあの手この手で変化をつけてきますね(褒め言葉です)。

レイド強すぎ…

剣盾の頃もそうでしたがレイドは後半になるとかなりの難易度になるのでそこが厳しいなぁと感じるところ。

とはいえ、もう一体のミライドンを捕まえて努力値を振ってレベルを上げれば何とか攻略の糸口が見えてきました。ミライドンではカバーしきれないタイプに備えるためにはらだいこマリルリを育成中です。

今回は時間を置いておけば自動的に努力値を振ってくれるシステムがないのでお金を稼ぐか野生狩りをしないといけないのが厳しいですね…。